FC2カウンター

今何時、そうね大体ねぇ~

プロフィール

へっぽこ与一(へっぽこよいち)

Author:へっぽこ与一(へっぽこよいち)
その名の通りへっぽこ
ぽぷらにて活動
携帯版:http://heppokoyoichi.blog106.fc2.com/?m


(↑HB無し)

全ての記事を表示する

気になる方へ

人気記事?

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

体力特化弓使いサイト随時募集中

リンク先 更新状況

本物のお魚をGetせよw


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

忘れ行く思ひ出



大学時代の話


養老孟司先生の講座を2つほど受講していたことがある。

(ある程度大学絞れるがな・・・)


解剖学の授業(この先生はほぼ雑談しかしなかった記憶が・・・)では、腕をタクシーに忘れてきただの、解剖のため提供頂いたご遺体をお返しする際骨壷がかたかたゆれただの、昆虫採集だとかお話されていましたね。

試験も全問○×で、どちらか一方のみのマークでも可(60点)が取れるというなんとも親切なのか面倒くさがりなのか。


もう一方の講座(名前は忘れてしまった)もほぼ雑談でした。
こちらは試験がレポートで、早く提出すれば優が貰え、提出さえすれば可だった(これは提出後に発覚したのだが)。

内容は指定がなく、受講の感想でもいいし、(最後の授業で自らが発言したのだが)カレーライスのレシピを書いてもいいとのことだった。


さて、今まで生きてきて数ある授業(小学校~etc)のなか、記憶のある授業のなんと少ないことか。


その数少ない授業の一つに養老先生の講座がありまして、以下要約しますと
(因みにワタシは「バカの壁」等先生の本は読んだことがありません)
(確か、本が出た時は大学を卒業していたと記憶してます)


・ヒトの死とは?肉体的?精神的?自己(死んだヒト)でない他人の記憶?等の問いかけ。
・(今でこそ有名なフレーズ?)「脳論者」の視点。見えていると考える世界は実在しているのか?実在している社会は、実は脳の世界。全ては脳の考えで・・・。
・誰かに「さよなら」を言うことが苦手な子供だったこと。実父との別れ。これは先生の幼少期の話らしいのだが、最後を看取る際「さよなら」を言えなかったこと。父に言えなかった言葉を他人に言えるはずもなかったのだと、大人になって気付いて電車の中で突然涙を流したこと。


・・・





何故急にこんなことを思い出したのだろう・・・自分でも分かりませんが、意味もなく記事としてアップしてみました。


人生の中で、確実に意味のあることとは・・・。


maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

<< ゲーム無料配布とな? -PS3- | ホーム | いつものように物欲に負ける ―投げキッス― >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。