FC2カウンター

今何時、そうね大体ねぇ~

プロフィール

へっぽこ与一(へっぽこよいち)

Author:へっぽこ与一(へっぽこよいち)
その名の通りへっぽこ
ぽぷらにて活動
携帯版:http://heppokoyoichi.blog106.fc2.com/?m


(↑HB無し)

全ての記事を表示する

気になる方へ

人気記事?

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

体力特化弓使いサイト随時募集中

リンク先 更新状況

本物のお魚をGetせよw


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

世界じゅうの

 世界じゅうの海が

世界じゅうの海が一つの海なら、
どんなに大きい海だろな。
世界じゅうの木という木が一つの木ならば、
どんなに大きな木であろな。
世界じゅうの斧が一つの斧なら、
どんなに大きな斧だろな。
世界じゅうの人たちがひとりの人なら、
どんなに大きな人だろな。
大きなその人がおおきな斧をとって、
大きな木をきり、
大きなその海にどしんとたおしたら、
それこそ、どんなにどんなに大きい音だろな。


--------------------------------------------------------

さて、何の意味もなく、こんな詩から始めてみました。


世界じゅうに本来あるものが、ただ一つの大きな存在にかわってしまうとしたら。



発想が貧困なワタシは、何か笑えるものを連想しようと・・・。

皆さんは、どんな連想をするのでしょう。

退屈なときにでも、思いをめぐらしてみれば、案外時間が早くすぎるかもしれませんよ。











「はて、本当にかけがえのない唯一無二のものとは?」、と考えさせられなくもないなぁ。

「あれが、本当は世界に一つしかなくて・・・」なんて考えると、その存在のありがたみが再認識できることでしょう。

深いですね。

maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

<< 自己満足 | ホーム | おやっ・・・・・・? >>


コメント

これはなんとも素敵な詩ですね・・・


いやぁ 深い・・

コメント有難う御座います。
如何せん初めてのコメントでして、どうやって返信するのかも分からない(;;)

更新はかなりのんびりしていますが、暇な時にでもみてやってくださいな。

因みに、この詩は「マザーグース」の一節です。
色々考えさせられる今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。