FC2カウンター

今何時、そうね大体ねぇ~

プロフィール

へっぽこ与一(へっぽこよいち)

Author:へっぽこ与一(へっぽこよいち)
その名の通りへっぽこ
ぽぷらにて活動
携帯版:http://heppokoyoichi.blog106.fc2.com/?m


(↑HB無し)

全ての記事を表示する

気になる方へ

人気記事?

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

体力特化弓使いサイト随時募集中

リンク先 更新状況

本物のお魚をGetせよw


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

ムッシュ・サ・ボォリ・ノ・ムッシ・ガ・イックゥ


何故?

どおして?

不思議なもんです。


秋の様相も色濃くなり、鼻が垂れ気味のへっぽこが徒然(恐らく支離滅裂が正しい)にお届致します。
(そして、面白くない記事になること請合い。)


さて、秋の行楽日和であろうとスーパーインドア派のへっぽこ。

海外のキッレーイな景色を見に行こうと誘われても、テレビで見れるし、想像で十分なんて思っていたり。(そう、興味のないものには、とことん面倒を決め込むへっぽこ。)
(子供の感受性やら教育の為には、実際に経験させるべきとは思いますが、あくまでも個人的に。)

(そうそう、BSやらデジタル放送やら、自分の目で直接みてもあんなに綺麗な光の反射を体験出来ないのに、映像でそれを見せられると、「ワタシの目は節穴か?世の中は、本当はこんなに綺麗なはずなのに。」なんて、ちょっとショックを受けてみたり。大体、おかしい。実際、目で見るより、鮮明な映像が流れるって。しかも、テレビを通すことで、それが認識出来るってことはこれ如何に?何故、最初からワタシの目にそれが映らない?)

(ここで、ふと。またもや脱線の予感。ヒトの目に写る映像は何画素だ?中学の数学だかで、点の集合が線で、線の集合が面で、面の集合が・・・なんて思いだすも、今、ワタシの目に写る景色は、基を糺せば「点」なのか?いや、厳密には原子レベルの話なのだろうが・・・。
「あっ、あの空、見てごらん。あの部分だけドット落ちしてるね。」とか
「あそこの景色だけ画素数粗いね。」なんて、実際の風景で起こったためしはないだろう。(小説ならありそうか?筒井康隆氏や星新一氏あたりが考えそうだが)
それとも何か。実は、他人の目に何が見えているかなんて、実際のところは分からない。(自身でさえ、そう誤認しているだけかもしれない訳だし。)若しかしたら、ワタシの目には初代パックマンがパクパク動く様に見えようと、他の人には、超最新3Dパックマン(あるのか知らないけど)が動いているように見えているとか。そう考えると・・・、)

(おやっ?)

(またまた、途方もない方向へ脱線の予感。このスペーストラベルから戻って来れるかな?
電子顕微鏡の画像を思い出してごらん。(誰に言っているのやら)
「ほら、これが炭素原子だね。」
「せんせぇー、その隙間には何があるんですかぁ?」
世の中には、無が無数に存在しているのか?
目に見えない気体(空間)でさえ、窒素やら酸素やらアルゴンやら二酸化炭素やらで埋め尽くされていると錯覚していたが、無の領域はそこいらじゅうに・・・、大気の流れからあり得ないと思うが、
「昨日、あのビルのあたりで、真空スポットが発生したんだ。」
「今日あたりは、ここいらへんが危ないかもね。」
なーんて・・・。
ワタシの無気力は、体中の無から発生されるべくして発生した・・・無から何かが生まれるなんて、なんて哲学的な響きだろうか。いや、待てよ。「無」気力・・・「無」は「無」でしかないような・・・。)

(ワタシの思考は、文字に還元されなければ「無」と同じか?物があること(そう認識すること?)が「有」なのか?うぅむ、心は?うぅむ、この状況。スペーストラベルスパイラルとでも名付けよう。信じてないが、死後の世界があるのなら、お化けという存在があるのなら・・・(先の考え通りなら、目に見えないものは「無」となってしまうが・・・)、何万光年離れた世界とやらに地球外の生物の存在を探しにいってみよう。帰還時に地球が存在しているか微妙すぎるが・・・。)

(そうそう、超高密度のレーザーで、ブラックホール周辺の環境を再現?ってな記事を読んだ(気がする)が、ブラックホールなんて作っちゃいけません。そんなことしたら、人口ブラックホールは周囲のものをどんどん吸いこんで、終いには巨大ブラックホールとなり・・・。)



さてさて、(案外あっさり帰還した。便利な言葉だ。)


ゲームに関しても、ある程度まで進めて、アルテ○ニア等の攻略本を読んで、最後はこうなのね、と興味を失ったり。そのくせ、こうもブログや攻略情報が氾濫しているゲームに没頭してみたり・・・。


想像出来ること、予測の範疇にあることを実際に体験しなくちゃ気が済まない状況ってどんなだろ?



餓鬼っぽい話だが、人の死から学ぶものって?幻想?思い込み?独りよがり?
(前の記事でも書いたけど)何の為に生きているのか分かるわけ?





何の為になるかなんて知らないさ。
まずは、やってみることにしようかね。

(面倒って考えがあるうちは、まだまだ若輩なんでしょうかね)



明日、京都日帰り出張。

明後日から2泊京都学会出席。
(2009.10.22追記:日曜までだから3泊でした。)



時間があったら、秋の京都で目を鍛え直してこようと思います。



maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

<< 本当かよ?? | ホーム | 「なんじゃそりゃ」は、ワタシでしたね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。